YouTube アイコン ツイッターアイコン

『Love does not dominate; 』

音楽: 7/f (作詞: 入江陵慈 作曲・編曲: 松永龍也)

うた:車塚みよ(cv.小清水勇魚)

楽曲解説:

 みよは「ミヤズヒメ」に所縁の深い断夫山古墳のキャラクタ、やまとはその夫、「ヤマトタケル」に所縁のある白鳥古墳のキャラクタということで、みよのやまとに対する「愛」を真正面から描く、「愛」をテーマにした楽曲を制作する運びとなりました。

 歴史を知る方からすると、二人のドラマは『古事記』に記されている流れであり、ヤマトタケルがミヤズヒメを想う流れ、ミヤズヒメが待ちぼうけとなるタイミング、結婚からやがて迎える運命と、文字通り歴史的スケールのドラマがそこにあります。

 

 このあたりをみよとやまとの関係性に落とし込んだ上で楽曲の流れをつくるにあたって、現代的に「自由なやまとを私は広い心で受け入れる」という表向きのスタンスと、でも序盤には嫉妬心などからくる、チラチラと痩せ我慢なストレスが垣間見える構成をとり、しかし、やがて壮大なスケールの愛で互いの想いを包み込む、未来へ向けた希望を描く流れになっています。

 

 表題の Love does not dominate は、Love does not dominate; it cultivates.という言葉で、ドイツの有名な詩人、小説家であり劇作家、ゲーテの言葉です。意味は「愛は支配しない、愛は育てる。」ということで、中々こちらを振り向かず自由に過ごすやまとに対して、しかし独占するのではなく、広い愛で包む、そのためには、その愛を育むことが大事、という、みよの想い、心の置き所としています。

 

 また、楽曲では終盤に向けて壮大なメロと、大サビが展開しますが、ここでは少し「離別」を匂わしています。『古事記』の中でヤマトタケルは最期、ミヤズヒメ(と草薙剣)を想った詩を残します。一方、ヤマトタケルに対するミヤズヒメの想いも、以降新たな夫を絶ったことから断夫山古墳という名が残ったり、熱田神宮を建立する流れに繋がります。二人の想いは現代に至るまで語り継がれ、二つの古墳や熱田神宮といった所縁の場所には今も、たくさんの樹々が生い茂っています。どんな形であれ最後、ひとは別れの時を迎えますが、未来へ続く想いが楽曲としてのクロージングと重なることで、より前向きな感じを演出する流れとなっています。

 ちなみに、758『夢のアルバム』の楽曲としては最後に制作された曲となりますが、他のキャラクタ達が少なからず自身の夢との関係性を歌っているのに対して、この曲では「夢見るあなた」に対する私のスタンス、という形で、リアリストよりな「夢を語らない」みよのスタンスを追う形となっています。(7/f)

 

歌詞:

夢見がちなあなたとの

二人きりの運命だから

 

ざわつく感情、抑えきって

高鳴る鼓動、指折り数える

 

独占は趣味じゃない

放任は気が気じゃない

 

あてつけの刺激<サプリ>じゃ

こころの隙間うまらない

 

重なるため息で 深呼吸する毎日じゃ

息継ぎも苦しいくらい

ほの暗くクライ

薄暗くクライ

 

でもそんな自分自身

ぎゅっと抱きしめて

心の泉、枯らさぬよう

今日もずっと、愛を注ぐ

 

Love does not dominate 育むもの

私の愛はどの海より深く

七つの海を逆さまに 雨となり降り注ぎ

あなたの心の奥へ 染み入るの

 

夢見がちなあなたとの

二人きりの運命だけど

 

独占は趣味じゃない

放任は気が気じゃない

 

あついときめきと ほろ苦い胸の痛み

何度繰り返しても

あなたは心<ここ>にいる

 

あなたと 私が交わした誓い

いつまでも ともに

 

Love does not dominate 育むもの

あなたの愛はどの宇宙<そら>より広く

銀河の海を逆さまに 星となり降り注ぎ

私の心のすべてを満たすの

 

定めがやがて 私達を

永遠に別かつ瞬間<とき>を選んでも

二人で育んだ愛は大地に根をはり

大空へその青葉をひろげ続ける

 

ずっと一緒だから

 

 

←MUSICへ戻る

ツイッターアイコン YouTube アイコン