誰もが情報発信する時代に。

ニコニコ動画ロゴ
ニコニコ生放送の様子

 Project758が重視するのは「体験の共有」です。豊富なモチーフからキャラクタが生み出される瞬間を、豪華なゲストを交えながら、「生放送」でお届け。番組の撮影から配信といった制作部分も、名古屋学院大学商学部の学生たちが手掛けています。

 

ニコニコ生放送のページへ

多彩なコーナー

Scoop758

食レポ

設定大喜利

スクープ758写真
食レポ写真
大喜利写真

 名古屋の気になるスポットや話題に迫るメインコーナーです。

 ゲストが名古屋の名物の味を表現豊かに視聴者にお伝えします。

 学生と視聴者で、キャラクタ設定を考えていきます。

生ドラマ

名古屋クイズ

公開生放送

生ドラマ写真
クイズ写真
クイズ写真

 ゲストがキャラクタをその場で演じるエキサイティングなコーナーです。

 quizを通じて名古屋に詳しくなれるコーナー。

 公開イベント形式での生放送も行われます。

project758 ニコニコ生放送 内容紹介:

project758では毎回多彩なゲストにお越し頂き名古屋の魅力をお伝えしています。ここでは一部イベントも合わせて、コーナーなどの内容を紹介します。

 

第一期シリーズ

ニコ生の第一期シリーズ。教室で勉強机などを立て込むセットからお届けしました。

 

  • 第1回 (2014年 4月30日放送 ゲスト出演者 洲崎綾)

Project758初回の放送。名古屋学院大学木船久雄学長と宮本哲也熱田区長のあいさつから始まりました。ゲストに莱まひつ役の洲崎綾さんをお招きして、ひつまぶしをモチーフにしたプロジェクト第4のキャラクタ莱まひつのキャラ設定の大喜利、及び生アフレコが行われました。洲崎さんによるあつた蓬莱軒のひつまぶしの食レポも行われ、その際、宮木区長にひつまぶしの食べ方をレクチャー頂きました。

 

  • 第2回 (2014年 5月24日放送 ゲスト出演者 利根健太朗)

妙香園がモチーフのプロジェクト第5のキャラ、水流園妙のキャラクタ設定について、学生たちの上げる案を堀川先生役、利根さんがジャッチする大喜利形式で行いました。利根さんは陵やまとたちの担任である堀川先生役として、番組内で生アフレコを行いました。妙香園のスタッフの方々によりお茶が用意され、その食レポを利根さんに行っていただきました。

 

  • 第3回 (2014年 5月30日放送 ゲスト出演者 長縄まりあ)

プロジェクト第1のキャラ陵やまと役の長縄まりあさんをゲストにお迎えし、名古屋市の河村たかし市長を表敬訪問する模様をお伝えしました。また、宮の渡しをモチーフにした第6のキャラクタ宮野わたりを0%の状態から、大喜利や事前アイディアからキャラクタ設定を行う内容をお届けしました。 長縄さんがその場で生まれたばかりの宮野わたりを自分だったらどう演じるか、という形で生アフレコを行っていただきました。

 

  • 第4回 (2014年 7月20日放送 ゲスト出演者 洲崎綾)

第一回に続き洲崎綾さんをゲストに放送。Project758始まって以来、初の声優オーディションを行ない、宮野わたり役に田中春名さんが選ばれました。その後2人は生ドラマに出演し、熱演をしていただきました。

 

  • 第5回 (2014年 10月 6日放送 ゲスト出演者 洲崎綾)

まひつ役洲崎綾さんが2回連続での出演となりました。この放送では新たに羽二重きよめ、亀芳・パリブレスト・りつ、宮小路平子の3体のキャラクタが発表されキャラクタが総勢9体となりました。キャラクタ設定大喜利では、洲崎さんが音楽ユニット結成の提案を採用するなどキャラクタ設定が練られていきました。番組における洲崎によるユニット名提案は「三つ編み」でした。

 

  • 第6回 (2014年 11月14日放送 ゲスト出演者 長縄まりあ)

前回の放送で発表されたキャラクタのキャストとして、平子役に大西沙織さん、きよめ役に小澤亜季さん、りつ役に松田利冴さんが決定と伝えられました。ゲストの長縄まりあさんは、今回の制作キャラクタである高蔵聖の設定のジャッジを行っていただきました。

 

  • 第7回 (2014年 12月12日放送ゲスト出演者 中原麻衣、田中春名)

妙役中原麻衣さんにお越し頂き、亀屋芳広の“ぱふぱふ”の食レポ行っていただきました。また、名古屋の魅力に触れるクイズに挑戦していただく中、熱田球場がモチーフのキャラクタ、高蔵聖役を決める公開オーディションが同時に行われ、本渡楓さんが選出されました。そして中原さんと宮野わたり役の田中春名さんとともに、三人で生ドラマコーナーに出演頂きました。

 

  • 第8回 (2015年 1月17日放送 ゲスト出演者 高橋美佳子、佐倉綾音、田中春名、本渡楓)

初の大学外からの、白鳥庭園にて、生放送を行いました。ゲストである、白鳥ユリ役高橋さんと白鳥しおり役佐倉さんに、田中さんと本渡さんが味噌煮込みうどんを作りふるまう、という内容で、高橋さんと佐倉さんには食レポを行っていただきました。カニみそを味噌煮込みうどんに入れるという一幕もありました。番組終盤では高橋さん・佐倉さんによる生ドラマコーナーが展開されました。

 

  • 第9回 (2015年 1月26日放送 ゲスト出演者 洲崎綾)

宮木熱田区長と最多出演(5回)のまひつ役洲崎綾さんが出演し、食レポを行いました。また洲崎さんが司会進行をするという新たな試みを行い、その中で生徒とともに意見を出しあい、「千代」について、1から新キャラクタをつくりあげました。

 

  • 第10回 3月15日ニコ生公開収録準備号 (2015年 2月20日放送)

8面の大型ディスプレイのお披露目が行われました。次回に予定される公開生放送の準備回となっており、食レポも大喜利コーナーもなしで、ゲストの発表と公開生放送の参加者を抽選で決める模様をお伝えしました。

 

  • 第11回 公開生放送 (2015年 3月15日放送 ゲスト出演者 長縄まりあ 洲崎綾 利根健太朗 田中春名 本渡楓 大西沙織 松田利冴 小澤亜李)

prject758初の公開イベント、公開生放送で過去最高人数の8人での生ドラマコーナーが行われました。また、本イベントで13体目のキャラクタ制作、モチーフ元が名古屋港水族館であることを発表し、キャラ設定のための大喜利が行われました。アイムエンタープライズの津田マネージャーより、その場でキャストが日笠陽子であることが発表され、話題となりました。また、第一回から司会を務めてきた本田を含むスタッフの4年生が卒業のため、洲崎綾さんから花束が贈呈されるサプライズがありました。

 

  • 第12回 (2015年 7月 5日放送 ゲスト出演者 日笠陽子 本渡楓)

新年度最初の放送で、司会も本田から、吉田・阿部コンビへと移行し、それまでの放送の振り返りが行われました。新キャストである日笠さんが初登場。またプロデビューを果たした本渡さんにもご出演いただき、生ドラマで共演しました。この放送でりつ・平子・きよめからなる音楽ユニット「少年ミリオン」の詳細が発表されました。恒例の食レポでは、栄から学生が走って届けたひつまぶしを試食頂きました。

 

  • 第13回 (2015年 8月23日放送 ゲスト出演者 中原麻衣 長縄まりあ)

プロジェクト第11のキャラクタ、「車塚みよ」の声優オーディションの模様を中心に放送。また宮きしめんの宮商事 社長が見守る中での、中原さん、長縄さんによる宮きしめんの食レポが行われる一幕もありました。オーディションに合格した小清水勇魚さんは、その場で中原さん、長縄さんと生ドラマ共演を行いました。また、少年ミリオンのライブ計画が発表、長縄まりあさん出演のインターネットラジオ番組「おざなり」とのコラボ企画等が公表されました。

 

  • 少年ミリオン 1stトーク&ライブ (2015年 9月27日開催 ゲスト出演者 大西沙織、小澤亜李、松田利冴、長縄まりあ)

生放送が行われなかった初のイベントとなります(後の第15回でトークパートのVTRが放送されました)。project758ニコ生定番の、食レポ・クイズ・大喜利の3コーナー及び、生ドラマ、そして音楽ライブが行われました。サプライズの形でやまとの楽曲『終わらない夏の続きを』が発表・歌唱されました。大喜利コーナーでは、りつの双子の妹、あんなの設定大喜利が、初の来場者を交える形で行われました。時間の都合で、トッピング対決の宮きしめんが完成したものの試食できないまま終わるといったハプニングがあったりもしました。

 

 

第二期SPシリーズ

第14回放送からはレギュラーの放送場所が変更され、より豪華にセットが立て込まれる「SP」シリーズに移行し、コーナーも多彩なものとなりました。

 

  • 第14回 クリスマスSP (2015年 12月23日放送 ゲスト主演者 洲崎綾 田中春名 小清水勇魚)

クリスマス直前の放送ということで、クリスマスをテーマにしたカラフルなセットが組まれ、また、みよ役小清水さん、学生キャストのゆいはんらが名古屋駅隣接の地下街エスカを歩いて回った特集「スクープ758」、てんま・あやめ役の声優オーディション、そしてシュラバスターのゲスト登場、さらにオーディション合格生である時枝・松岡を含む5名での生ドラマと、盛りだくさんな内容が展開しました。

 

  • 第15回 バレンタインSP (2016年 2月13日放送 ゲスト出演者 松田利冴)

バレンタインデー直前ということで、バレンタインデーの雰囲気でチョコフォンデュをつくる一幕からスタートしました。また、9月のライブの際に間に合わなかった宮きしめんのトッピング食レポがおこなわれました。この放送内において、4月3日の公開生放送回の告知、そしてゲストが順番に発表されました。レアな、りつ役松田利冴さんによる一人二役の生ドラマコーナーもありました。

 

  • 第16回 オールキャスト7時間58分生放送SP (2016年 4月3日放送 ゲスト出演者 高橋美佳子 中原麻衣 日笠陽子 洲崎綾 大西沙織 長縄まりあ 小澤亜季 松田利冴 本渡楓 利根健太朗 田中春名 時枝奈々子 松岡由梨佳)

全二部構成で、第一部では構成作家のちゃんこ氏がてがけたトークコーナーに引き続き、少年ミリオンのライブ第二弾が行われました。第二部は堀川先生役利根健太朗さんが、ゲストをお迎えして対談する「堀川先生の部屋」として展開しました。二部ラストの生ドラマコーナーはゲスト全員が立ち並んでの圧巻の朗読劇が披露されました。恒例の今後の展開発表コーナーでは、2016年度のproject758のキービジュアルとしてStudio五組によるビジュアルが公開され、同社の柴田社長にコメントの為、登壇頂いた他、ムック本の第二弾の制作が発表されました。

 

  • 第17回 白鳥庭園SP (2016年 4月 8日放送 ゲスト出演者 佐倉綾音 利根健太朗)

前回の公開収録に唯一参加のかなわなかった白鳥しおり役佐倉綾音さんに、白鳥庭園で開催されるイベントの告知を兼ねたゲストとして参加頂きました。白鳥庭園にて行われる、白鳥しおりが関わる「リアル謎解きゲーム:白鳥水物語」の紹介が行われ、白鳥庭園の川島所長にもご登場いただきました。また、白鳥庭園で取り扱いがあるメニューの食レポも行われ、生ドラマコーナーでは、4月のドラマの後日談として、しおりと堀川先生との掛け合いが行われました。

 

  • 第18回 新キャラ登場&少年ミリオンライブ情報SP (2016年 6月 5日放送 ゲスト出演者 田中春名 小清水勇魚 時枝奈々子 松岡 由梨佳)

初の屋外で生放送が行われた回。第16体目のキャラクタのモチーフが「名古屋テレビ塔」に決定し、そのキャラクタ設定が行われました。初の趣向として、ジャッジ役に名古屋テレビ塔のスタッフの方々にご参加いただきました。また、同放送日、熱田区祭りが行われていたため、随所に花火の映像が流れました。

 

  • 第19回 名古屋陸海空ラリーSP (2016年 6月26日放送 ゲスト出演者 大西沙織)

名古屋テレビ塔のキャラクタ誕生を記念して、6月21日から名古屋を代表する3つの施設舞台に実施される『Project758 陸海空ラリー』の情報公開を中心に行われた回。プロジェクト第16のキャラクタの「名古屋テレビ塔」がモチーフになっている「錦煌(にしききらら)」のキャストが田村睦心さんであることが発表されました。また、7月24日に開催される少年ミリオンライブ「Live in A」の情報が発表されました。

 

  • 第20回 少年ミリオン トークライブSP (2016年 7月24日放送 ゲスト出演者 大西沙織 小澤亜李 松田利冴 長縄まりあ)

初の名古屋以外、東京青山で開催された「少年ミリオン Live in A」の第一部トークパートが生放送されました。構成は4月に引き続き、作家のちゃんこ氏に手掛けていただきました。

 

  • 少年ミリオン Live in A (2016年 7月24日 ゲスト出演者 大西沙織 小澤亜李 松田利冴 長縄まりあ 本渡楓 時枝奈々子 松岡由梨佳)

上記第一部に引き続き、生放送が行われない形で展開した第二部。生ドラマコーナーから開始され、ここでシークレットゲストであるてんま役時枝さん、あやめ役松岡さんに登場頂きました。またライブ歌唱後には、少年ミリオンの新曲のタイトルとしてユニット曲「フィロソフィは午後の7時」りつ曲「セイギのミカタ」、平子曲「銀弾の狂詩曲 -シルバー・ブレット・ラプソディ-」、きよめ曲「とけあうこころ」のタイトルが発表され、更にフィロソフィのサビの一部がお披露目され、きよめ役小澤さんからは皆でできる振付を考える案が提案されました。また、聖役の本渡楓さんにサプライズ登場頂き、聖ソロ曲の制作が発表されました。さらに、本日のシークレットゲストであったてんま・あやめの楽曲の制作も発表となりました。

 

  • 第21回 生誕SP (2016年 8月 6日放送 ゲスト出演者 小澤亜李 長縄まりあ)

妙香園100周年の年であることや、ゲストであるきよめ役小澤亜李さんの誕生日にちなんで、うどんが振る舞われました。小澤さんへのサプライズとして、やまと役長縄さんが登場。ふたりで二人が出演するおざなりを観つつ生放送が行われるという構成が取られました。

 

  • 第22回 ハロウィンSP (2016年 10月30日放送 ゲスト出演者 田村睦心)

名古屋テレビ塔から中継が行われた回。第16体目のキャラクタの「錦きらら」のキャスト、田村睦心さんによる食レポ、設定大喜利、テレビ塔のロケなどが行われました。この放送で、11月13日、名古屋港開港祭フレンドリーポート2016でのトークショウ、11月20日の公開収録イベントの日程が発表されました。

 

  • フレンドリーポート2016 (2016年 11月13日 ゲスト出演者 高橋美佳子 長縄まりあ 田中春名 小清水勇魚 時枝奈々子 松岡由梨佳)

初の、project758が主催でないイベントにおける公開トークイベントとなります。名古屋港の開港祭であるフレンドリーポート2016において、ユリ役高橋さん、やまと役長縄さんらが出演し、クイズ対決や絵描き歌勝負などが行われました。

 

  • 第23回  熱田丸ごと収穫祭直前SP (2016年 11月13日放送 ゲスト出演者 高橋美佳子 長縄まりあ 田中春名 小清水勇魚 時枝奈々子 松岡由梨佳)

次回公開生放送に向けての告知があった回です。名古屋港開港祭フレンドリーポート2016でのトークショウにご出演いただいた皆様にそのままニコ生にゲストとしてご登場頂きました。トークショウと同じチームでクイズが行われ、その正誤によって、その後の食レポの宮きしめんのトッピングが変化するコーナーを行いました。前日、高橋さんと長縄さんは名古屋港水族館を訪れており、生ドラマも、名古屋港水族館をキャラクタ達が訪れる、という内容でした。また、本放送にてアイムエンタープライズの津田チーフマネージャより、亀芳・フィナンシェ・あんな役のキャストに、松田颯水さんが決定したことが公表され、音声コメントが流れたほか、翌週の「熱田まるごと収穫祭」のボイスカードラリーイベントにおいてりつ・あんな双子姉妹二人によるボイスカードが入手できることが告知されました。

 

  • 第24回 熱田まるごと収穫祭SP (2016年 11月20日放送 ゲスト出演者 中原麻衣 大西沙織 小澤亜李 長縄まりあ 松田利冴)

名古屋学院大学内にて公開生放送形式で行われました。午前中の熱田まるごと収穫祭では、各所でキャラクタカードが配布されました。イベント中では7月のライブにて制作発表があった、各新曲の一部がお披露目された他、生ドラマではサプライズ登場として名古屋市河村市長に声のご出演を頂きました。また、恒例のイベント終盤の今後の展開発表では、2月に「project758 music live -うたをうたおう-」の開催が決定した事と、ラジオ関西にてラジオ番組『project758 presents小澤亜李 元気のでるラジオ!!』が1月よりスタートすることが発表され、コメントの為ラジオ関西荒木東京支社長に登壇頂きました。

 

  • 第25回 クリスマスSP (2016年 12月20日放送 ゲスト出演者 洲崎綾 田中春名 小清水勇魚 時枝奈々子 松岡由梨佳)

1年前のクリスマスSPに引き続き、同メンバーによるクリスマスSPが行われました。新企画として「758すごろく」のコーナーが展開。マス目によってキャラクタもチーフの解説を行ったり、と様々なコーナーが展開しました。また、『project758 presents小澤亜李 元気のでるラジオ!!』の企画紹介などが行われ、生徒会ノートに洲崎さんが書き込みを頂きました。

 

  • 第26回 project758 小澤亜李元気のでるラジオ!!開始記念号 (2017年 1月7日放送)

1月スタートの『project758 presents小澤亜李 元気のでるラジオ!!』開始を記念して特別にラジオの第1回放送をまるごと放送した回。本放送において、第二回以降がニコニコ生放送公式から放送されることが発表されました。また2月12日に迫ったライブの詳細情報も発表され、「うたをうたおう」のコンセプトに準じ、新曲の歌唱箇所のポイント紹介が行われました。

 

  • project758 music live -うたをうたおう- (2017年 2月12日開催 ゲスト出演者 大西沙織 小澤亜李 松田利冴 長縄まりあ 時枝奈々子 松岡由梨佳 小清水勇魚 田中春名)

少年ミリオンの新曲を中心にお披露目があったライブイベントで、トークイベント、生ドラマ、ライブパートの構成。トークパートでは「小澤亜李元気のでるラジオ!!」の構成作家を務めるゆーやんさんにご担当頂きました。生ドラマ以降はてんま・あやめの物語であったり、観客と一体となって歌を歌う構成など、ライブのサブタイトル、「うたをうたおう」のコンセプトに準じる形で展開し、最後にはアンコール曲として「フィロソフィは午後の7時」の全キャスト・観客での合唱が行われました。恒例の今後の展開発表では、聖曲のタイトルが『ビギン・ザ・ワールド』であること、また758の楽曲集として『project758 楽曲集(仮) 夢のアルバム』が制作予定であること、そして『あなたの心をメタモルフォーゼ』のフルサイズが収録されることが発表されました。

 

  • 第27回 第二期フィナーレSP(2017年 2月26日放送 ゲスト出演者 本渡楓)

2016年度の放送として、4月3日のオールキャスト生放送以降の生放送では唯一ゲスト出演していなかった聖役、本渡楓さんが出演。司会の吉田・阿部コンビにとって、最初のゲスト(第12回放送ゲスト)である本渡さんが、二人の最後のゲストとなりました。4年生の卒業と、司会後退による第14回放送からの第二期の最後ということで、第二期フィナーレSPと題しての放送。内容は第三期シリーズの新企画として準備されている、ここまでの放送で多面化し(時にテンポを落とす結果となっていた)た色々なコーナーを集約する形の新コーナー「ズバッと758」を先出しする形で、このコーナーでは、次期MCの高牟禮、浅井コンビが初登場となりました。同時並行の食レポコーナーでは、とんかつやうどんの制作が進み、コーナー終了時にそのまま食レポへと移行。続いて、これまで番組終盤で展開していた人気企画、生ドラマコーナーを展開し、2年A組の関係図をふまえつつ、宮の渡し・堀川・熱田球場の地の利を活かしたドラマが展開したほか、ほぼ全パートにおいて、本渡さんのユニークなアドリブが加えられた演技が見どことろなりました。キャラクタ像を掴んだうえでのキャラクタ設定大喜利では、実際にキャラクタ制作に携わった初代司会でOBの本田が登場。本渡さんとの掛け合いの中で、リズムよく設定が加えられていきました。番組終盤では、4年生の卒業という事で、進行の統括・石川、プログラミングの統括・伊藤、技術の統括・犬塚・黒川・増田、編集の統括の大場が挨拶、初代のMC本渡、初代の技術統括の加藤から、花束が手渡され、最後に本渡さんより、司会の吉田・阿部にも花束が贈呈され第二期シリーズの終了となりました。今回の放送では「join」ボタンが新設。ゲストの方が楽しい・おもしろい・おいしいなど、満足に繋がる感情を持った際にボタンを押すとポイントが加算する仕組みとなっています。

 

生ドラマコーナー 内容紹介:

生ドラマコーナーはproject758のニコニコ生放送、イベント内で展開される758学園のキャラクタによる朗読劇で、全てその場での生朗読によって展開されることが特徴となっています。また、公開イベントにおける生ドラマでは、必ず誰かキャラクタ達が「困ったなぁ」というシチュエーションに追い込まれ、そこに初登場ないしゲストキャラクタが物事を解決するべく登場する、という定番の展開が取られていることも見どころの一つです。

 

ep.01『まひつとわたりのテスト勉強』(2014年5月第4回放送内)

出演:莱まひつ(洲崎綾)、宮野わたり(田中春名)

演出:津田昌宏 作:本田

 

わたりがまひつに勉強を教えてもらう中で、魚に博識なわたりのキャラクタが描かれる。田中さんはオーディション合格決定・発表後、そのまま本生ドラマに臨んだ。

 

ep.02『堀川に消ゆ』(2014年12月第7回放送)

出演:水流園妙(中原麻衣)、宮野わたり(田中春名)、高蔵聖(本渡楓)

演出:津田昌宏  作:本田

 

高蔵聖のオーディション回のドラマ。オーディションはその回の生ドラマの台本を兼ねており、田中さんと同様、本渡さんも合格直後、妙役中原さんとの共演に臨んだ。ドラマは、「新鮮組」を名乗り名古屋の平和を守る活動をしている高蔵聖と宮野わたりが、生徒会のノートが見当たらず困っている妙を助けるべく奮闘する。

 

ep.03『白鳥姉妹の冬休み』(15年1月第8回放送)

出演:白鳥ユリ(高橋美佳子)、白鳥しおり(佐倉綾音)

演出:津田昌宏 作:本田

 

しおりの部屋に訪れたユリがまったりと冬休みを過ごすエピソード。

 

ep.04『会長まひつのノートチェック』(2015年1月第9回放送内)

出演:莱まひつ(洲崎綾)

演出:津田昌宏  作:本田

 

まひつが間違えて持ち帰った、生徒会の面々が着けていた日記をチェックする、という内容。

 

ep.05『758学園 春休みの一コマ』(2015年3月第11回公開生放送内)

出演:莱まひつ(洲崎綾)、宮小路平子(大西沙織)、陵やまと(長縄まりあ)、羽二重きよめ(小澤亜李)、亀芳・パリブレスト・りつ(松田利冴)、宮野わたり(田中春名)、高蔵聖(本渡楓)、堀川先生(利根健太朗)

演出:津田昌宏  作:本田、入江陵慈

 

初の公開収録における、総勢8名による生ドラマ。春休みの学園内、堀川先生との会話の中で、クラスメイトの様子をみにいくことになったまひつ・やまと。りつ・きよめ・平子たちが自分たちの音楽活動(後の少年ミリオン)の方向性に悩んでいる中、新鮮組の2人が颯爽と現れ…、という展開。

 

ep.06『トルネードをめぐる小話』(2015年7月第12回放送内)

出演:湊ヒメ(日笠陽子)、高蔵聖(本渡楓)

演出:津田昌宏  作:犬塚・牧原・山下

 

熱田球場で練習中の聖の下に、 ヒメがやってくる。二人はトルネードについて会話を交わすのだがどうもかみ合わず…?

 

ep.07『身体測定』(2015年8月第13回放送内)

出演:水流園妙(中原麻衣)、陵やまと(長縄まりあ)、車塚みよ(小清水勇魚)

演出:津田昌宏  作:犬塚・牧原・山下

 

身体測定という日が苦手なみよ。昨年は読者モデルのりつの前で苦い思いをしたことから、今年は妙の後ろに回り込んでやり過ごそうとするのだが、みよはそこで、普段気づかない妙の美貌に気づくことになる。みよ役に合格した小清水さんが合格直後に生ドラマに挑戦。

 

ep.08『少年ミリオンの危機』(2015年9月少年ミリオン 1stトーク&ライブイベント内)

出演:宮小路平子(大西沙織)、羽二重きよめ(小澤亜李)、亀芳・パリブレスト・りつ(松田利冴)、陵やまと(長縄まりあ)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

 

りつ・平子・きよめによる「少年ミリオン」として最初のライブ当日。開始直前に、サプライズゲストのやまと出演の情報が漏れていることに気付き焦る一同。開始直前で慌てふためくのだが…。

 

ep.09『758学園イブの出来事』(2016年12月第14回放送内)

出演:莱まひつ(洲崎綾)、宮野わたり(田中春名)、車塚みよ(小清水勇魚)、黒鉄てんま(時枝奈々子)、日野あやめ(松岡由梨佳) 声の出演:陵やまと(長縄まりあ)

演出:津田昌宏  作:犬塚・牧原・山下

 

758学園のクリスマスイブ恒例の仮装パーティを舞台に繰り広げられるドタバタ劇。まひつの非公式ファンクラブ代表としてを何とかサンタコスプレさせたいてんまと、ユリの公式ファンクラブ代表ながら当のユリが見当たらずふてくされているあやめ、仮装パーティの実行委員として奔走するみよ、仮装の方向性で悩むわたり、それぞれのドラマが展開し…。時枝さん・松岡さんはオーディション及びその合格発表後、そのまま本ドラマに参加した。

 

ep.10『りつとアンナのバレンタイン』(2016年2月第15回放送内)

出演:亀芳・パリブレスト・りつ、亀芳・フィナンシェ・あんな(松田利冴/一人二役)

演出:津田昌宏  作:犬塚・牧原・山下

 

毎晩パリに留学中に電話する姉りつと、双子の妹アンナの、バレンタインデーをめぐる会話。当時はまだあんなのキャストが決定していなかったため、松田さんが一人二役を演じる形となった。

 

ep.11『少女たちの漂流』(2016年4月第16回公開生放送内)

出演:湊ヒメ(日笠陽子)、白鳥ユリ(高橋美佳子)、水流園妙(中原麻衣)、莱まひつ(洲崎綾)、宮小路平子(大西沙織)、陵やまと(長縄まりあ)、羽二重きよめ(小澤亜李)、亀芳・パリブレスト・りつ(松田利冴)、宮野わたり(田中春名)、高蔵聖(本渡楓)、車塚みよ(小清水勇魚)、黒鉄てんま(時枝奈々子)、日野あやめ(松岡由梨佳)、堀川先生(利根健太朗) 声の出演:白鳥しおり(佐倉綾音)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

ドラマ時点でキャストが決定しているオールキャスト総出演による、23分にわたる生ドラマ。「チチカカ湖に行く」と言い残し消えたしおりを追ってペルーを目指した758学園2Aの面々だが、途中嵐に巻き込まれ、無人島に流れ着いてしまう。無人島からどう脱出するか、ここでどう生きていくのか、あてのない議論を行う中で、やまとらの様子が芳しくないことに気付き、やがて一同は絶対絶命のピンチに追い込まれる。

 

ep.12『少女たちの漂流 その後』(2016年4月第17回放送内)

出演:堀川先生(利根健太朗)、白鳥しおり(佐倉綾音)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

自分の受け持つクラスメイトが無人島に漂流していたことから始末書の作成に終われる堀川先生。その手伝いをするしおりとなぜ「チチカカ湖」をめぐる誤解が生じたのか、検証が始まる。

 

ep.13『少年ミリオンの危機 ふたたび』(2016年7月少年ミリオン Live in A内)

出演:宮小路平子(大西沙織)、羽二重きよめ(小澤亜李)、亀芳・パリブレスト・りつ(松田利冴)、陵やまと(長縄まりあ)、黒鉄てんま(時枝奈々子)、日野あやめ(松岡由梨佳)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

 

少年ミリオンの活動が好評のりつ・平子・きよめらは、東京青山でライブを開催することになる。が、青山のリア充オーラにあてられた平子は気を失い、同行していたやまとを含む一同は住宅街の中で迷ってしまう。このままではライブに間に合わない、一同は絶対絶命のピンチに追い込まれる。

 

ep.14『名古屋港水族館での出来事』(2016年11月第23回放送内)

出演:白鳥ユリ(高橋美佳子)、陵やまと(長縄まりあ)、宮野わたり(田中春名)、車塚みよ(小清水勇魚)、黒鉄てんま(時枝奈々子)、日野あやめ(松岡由梨佳)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

 

名古屋港水族館を訪れやまととデート気分を満喫できると期待したみよは、ユリと二人で楽しむやまとをみて落胆する。それは同じくユリと楽しめる時間を期待したあやめも同じだった。そこで一計を案じたみよ・あやめはてんま・わたりの協力の下、二人きりデートを実現すべく奔走するのだが…。

 

ep.15『生徒会執行部の危機』(2016年11月第24回公開生放送内)

出演:水流園妙(中原麻衣)、宮小路平子(大西沙織)、陵やまと(長縄まりあ)、羽二重きよめ(小澤亜李)、亀芳・パリブレスト・りつ(松田利冴)、宮野わたり(田中春名)、車塚みよ(小清水勇魚)、黒鉄てんま(時枝奈々子)、日野あやめ(松岡由梨佳) 声の出演:莱まひつ(洲崎綾)、カワムラ学園長(河村たかし名古屋市 市長)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

 

758学園生徒会が企画した「熱田まるごと収穫祭」イベントも無事終了を迎えようとしていたその時、会計処理のミスでこのままでは生徒会が解散しなくてはならない事態に追い込まれる。危機を回避するには生徒会長のまひつの承認が必要だが、まひつは朝から見当たらず、一同は絶体絶命のピンチに追い込まれる。名古屋市河村市長が学園長役として声の出演を果たした。

 

ep.16『聖夜に願いを』(2016年12月第25回放送内)

出演:莱まひつ(洲崎綾)、宮野わたり(田中春名)、車塚みよ(小清水勇魚)、黒鉄てんま(時枝奈々子)、日野あやめ(松岡由梨佳)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

 

何やら言い合いをしているまひつ・あやめとてんま。てんまは何やら思い悩んでいるようだが、その事を話そうとしない。逃げ出した先、みよ・わたりと話す中で、てんまは自らの迷いがどこにあるのか、自覚する。そしててんまはまひつと二人きりで、シートレインランドの観覧車に乗り話をすることを望み、まひつもそれを承諾する。イブの夜、二人の会話が始まる――。1年前の生放送で行われた生ドラマ『758学園イブの出来事』から時系列的にも1年後のストーリー。

 

ep.17『あなたのきもち』(2017年2月 Music Live-うたをうたおう- 内)

出演:宮小路平子(大西沙織)、羽二重きよめ(小澤亜李)、亀芳・パリブレスト・りつ(松田利冴)、亀芳・フィナンシェ・あんな(松田颯水)、宮野わたり(田中春名)、車塚みよ(小清水勇魚)、黒鉄てんま(時枝奈々子)、日野あやめ(松岡由梨佳)、陵やまと(長縄まりあ)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈

 

てんま・あやめがお互いの距離感で悩む中、相談に乗る平子・きよめ。仲直りのプランを練る中で、事態はさらに複雑な方向に展開する。絶体絶命のピンチにかけつけたのは…りつだった。あんな役の松田颯水さんが初登場。「うたをうたおう」をテーマとしたライブ内における生ドラマという事もあり、タイトルもきよめの楽曲「あなたのきもち」からとられているほか、ドラマの内容もきよめ・りつ・あんなの曲の内容とリンクする仕掛けが取られた。また、ep.11から続くてんま・あやめの物語の区切りとして二人の楽曲『千夜一夜の星降る夜に』を発表する流れに繋がっており、生ドラマコーナー後にそのまま、時枝さん・松岡さんによって楽曲の初披露・歌唱が行われた。

 

ep.18『聖、困る』(2017年2月第27回放送内)

出演:高蔵聖(本渡楓)

演出:津田昌宏  作:入江陵慈 / 本渡楓

 

いつも野球部の試合を部員9人ギリギリで回している、キャプテン聖。いかし試合直前での部員の怪我により、ライバル校如月高校との試合が行えない事態となる。そこで2年A組に助っ人を依頼するのだが…。実際のドラマでは、ほぼすべてのキャラクタとのやり取りに、本渡さんによる各キャストに関するアドリブ原稿が加えられた。

 

 

 

ニコニコ生放送のページへ

最新情報を見逃さないために

各チャンネルとTwitterをフォロー!

ニコニコ動画 アイコン ツイッターアイコン YouTube アイコン

ニコニコ生放送

チャンネル登録

Twitter

フォロー

since 2014 Copyright (c) project758 All Rights Reserved.