YouTube アイコン ツイッターアイコン

『銀弾の狂詩曲-シルバー・ブレット・ラプソディ-

音楽: 7/f (作詞: 入江陵慈 作曲・編曲: 松永龍也)

うた:宮小路平子(cv.大西沙織)

 

楽曲解説:

 平子の愛の価値観を歌った曲です。銀月の騎士「もし私を(中二から)目覚めさせる相手が現れたら…」という内容だったのに対して、この楽曲は「もし私のハートを射止める人が現れたら…」という、どちらも平子のとまらない想像・妄想・空想の世界を歌う関係性になっています。

 

 前作のモチーフ作品は「元祖中二」が主人公の『ドン・キホーテ』、主人公に目覚めを迫る銀月の騎士とのお話でしたが、ドストエフスキーに「もっとも偉大で最も憂鬱な小説」と言わしめた作品でしたので、今作のモチーフ作もそれに釣り合う恋模様を描いた作品として「世界の10大小説」と言われる『赤と黒』に題材をとりました。恋心を一つ歌うにしても、平子らしいスケール感を意識しています。

 

 …とはいえ、それらは自分の心を読み取られまいとする平子なりの「装飾」で、よくよく読み解くと、歌っている内容は「あなたのメロディで私の真っ白(からっぽ)な心を満たして」という、とても純情めいた内容、言葉とは裏腹に、敢えてひねりなくストレートに平子の気持ちを歌うを内容となっています(語りパートも、禁止事項をたくさん主張しているようで、遠まわしに「正面から私の事をみて」、と言っているだけだったりします)。

 

 タイトル『銀弾の狂詩曲』は、前作で目覚めを迫ったのが銀月の騎士であったのに対し、私のハートを射抜く=私の恋を射止めるのは銀弾(となるメロディ)、という対の関係となっています。(ちなみに銀のアイテムで狼男などのハートを射抜く、という描写は現代のホラー映画発祥の、比較的近年の作品で完成された設定です。)

 

 大西さんから、新曲制作にあたってはバラードの曲調を意識する旨もあり、大まかな展開として参照しつつ、少し懐かしい感じのする曲調でスローな立ち上がりとしました。また、『フィロソフィは午後の7時』の収録で、大西さんの艶やかな伸びのある歌声が印象的だったこともあり、本楽曲では大西さんの歌声が美しく響く設計を意識しました。が、展開していくうえで、やはり最後はやや熱くなってしまう、という、いつもの、ドラマや楽曲における平子の展開を踏襲しています。『銀月の騎士』と全くジャンルが違っても、構成やギミックが姉妹の関係性にあるというあたりも、平子というキャラクタならではなのかなと思います。

 

 後、大西さんからのリクエストで「今回も縦読みを」とあり、ちょっと捻った形でいれてあります。 (7/f 入江)

 

 

歌詞:

何処へ向かって

運命の歯車を

揺らすの?

楽園はただ

不器用な僕のこと

見ている

 

渚にさざめく

 Θάνατος <タナトス>は

掛け違えたボタンのリフレクト

沈みゆくだけの結末を

見たくはないから

 

僕の心は真っ白<white canvas>

今も彩に飢えて

空模様は赤と黒

みだりに入り混じり

メロディアスな

その澄み切った眼差しで

僕の心、撃ち抜いてよ

銀弾の狂詩曲 <silver bullet rhapsody>

 

(語り)

ひとつ、私の後ろに立たないで

ふたつ、私の右に立たないで

みっつ、私の左に立たないで

よっつ、私の事を見おろさないで

いつつ、私の事を見上げたりしないで

むっつ、私の事を振り返らないで

ななつ、私の前に立って

        瞳に映るあなたを見つめて

 

夜空に きらめく

 Έρως <エロース>は

掛合わさる  絆 のリフレイン

その積み重ねだけがひたすらに

歴史を紡ぐの

 

僕の心は真っ白<brand new note>

今も居場所を求めて

路先は赤と黒

まだらに入り交じり

きらびやかな

その透き通った歌声で

僕の心、満たしぬいて

銀弾の狂詩曲  <silver bullet rhapsody>

 

僕の心は真っ白<white canvas>

今も彩に飢えて

空模様は赤と黒

みだりに入り混じり

 

赤い滾りはやがて

七月の革命へと続くの

だからこの胸、貫いて

 

たとえそれが 報われない

愛のカタチだとしても 構わない

あぁ 銀弾の狂詩曲  <silver bullet rhapsody>

←MUSICへ戻る

ツイッターアイコン YouTube アイコン