YouTube アイコン ツイッターアイコン

『オカシなホテル』

音楽: 7/f (作詞: 入江陵慈 作曲・編曲: 松永龍也)

うた:亀芳・パリブレスト・りつ(cv.松田利冴)

 

楽曲解説:

 亀芳・パリブレスト・りつソロ曲。りつは和洋折衷様々な「御菓子」屋である亀屋芳広をモチーフにしたキャラクタということで、曲の雰囲気も艶やかに移り変わります。前半がAB進行のスタンダードな洋楽ロック、そこから和の雰囲気をもったパートに移り、最後はロックにおける和洋折衷とでもいうべきV系寄りのアレンジに向かう流れは、モチーフやキャラクタと同様に楽曲も和洋折衷を一曲の中で追うチャレンジングな構成になっており、初めてフルで聞いた時のインパクトは大きいのではないかなと思います。本楽曲は「松田さんの歌唱力をもってライブで歌う姿」が一番キまる楽曲を目指して制作され、初お披露目もライブ当日でしたが、生でしか伝わらないパッションがあると思いますので、是非ライブで歌う姿を見ていただきたいナンバーです。

 一方、詩の世界に目を向けると、ホテルを題材にした曲には異世界に迷い込んだ雰囲気で独特のはかなさや風刺の要素を持つ名曲が多々あり、この曲にもそうした要素が見え隠れしています(物語上はりつの双子の妹アンナが作詞をした、という設定)。少年ミリオンのソロ曲は物語上3人がそれぞれ作りたい曲を作ったという流れで、平子は「自分」を歌い、きよめが「あなた」を歌う中、りつが何を歌ったのか、という視点でみてみるとまた面白いかもしれません。(D)

 

作曲コメント:

 project758の楽曲の中で最高に難産だったこの曲。打ち合わせを繰り返し、アレンジや編成も何度も詰めなおし、収録ギリギリまで制作作業を続けなんとか現在の形になりましたが、その甲斐あってここまでにないタイプの楽曲が完成したかと思います。序盤の大人っぽさ溢れるアレンジをはじめ、曲中テンポチェンジ2回というギミックなど、個人的にも色々と挑戦したナンバーとなってます。(松永龍也)

 

作詞コメント:

 少年ミリオン楽曲の詩の世界には、どの曲にも世界の名作童話や物語がモチーフに取り入れられていますが、この曲は宮沢賢治『注文の多い料理店』。さながら、3幕構成の舞台劇、オカシなホテルで数奇な人生を送る人々、そこでの決意を叫ぶ人間の物語、です。(入江陵慈)

歌詞:

充盈(じゅうえい)なリクエスト

そこは御宥免(ごゆうめん)に

身なり整え

武器なんて持たないで

 

そこは

 

なんて素敵でオカシなホテル

一筋の水平線 群青に

彩り 鮮やかな 現世(うつしよ)は

舞い散る 花弁(はなびら)  艶やかに

 

なんて素敵でオカシなホテル

波間の着替えは 弥増(いやま)して

儚き 吟声(ぎんせい) とどめる

 

 

外套(がいとう)は捨てて

宝石も手放して

牛酪(ぎゅうらく)は入念に

耳まで忘れずに

 

ここは

 

なんて素敵でおかしなホテル

フロア上がれば ケミカルの

光 揃って熱狂ね

現実不在のマボロシよ

 

なんて素敵でオカシなホテル

御紙面(ごしめん)はにぎわいざわめく

協奏の時を 夢見て

 

チェックインもアウトも

酸いも甘いも同じ

新陳代謝の動的平衡!

 

そこは

 

なんて素敵でオカシなホテル

一筋の水平線 群青に

彩り 鮮やかな 現世は

舞い散る 花弁 艶やかに

 

なんて素敵でオカシなホテル

波間の着替えは 弥増して

儚き 吟声 とどめる

飛び込んだのは

渾(すべ)ての願いの束(たば)

絶望はないよ

一緒に さぁ Fly high!

 

その逢着(ほうちゃく)が

運尽(うんづ)くによるものとして

希望はあるよ

伴に歩めるのなら

 

 この音色をぼくらの元まで

もたらす伝達物質

それは空気でも火でも水や土でもなく

 

あなたがいてはじめて伝う

この胸の熱い鼓動よ!

例え心の一片失ったとて

 

La La La La ... La La La La ...

 

ずっと 声を届け続けるよ Ah

 

←MUSICへ戻る

ツイッターアイコン YouTube アイコン