YouTube アイコン ツイッターアイコン

『千夜一夜の星降る夜に』

音楽: 7/f (作詞: 入江陵慈 作曲・編曲: 松永龍也)

うた:黒鉄てんま(cv.時枝奈々子日野あやめ(cv.松岡由梨佳)

 

楽曲解説:

 この楽曲は758の音楽をテーマにしたイベント「project758 Music Live 歌をうたおう」の生ドラマコーナーに連動する形で、そこまでのドラマ展開で仲違いをしていたてんまとあやめが、きよめ達少年ミリオン3人(+あんな)の協力で仲直りする過程で、平子とあんなからプレゼントされた楽曲、という流れで発表され(来場者にもあんなが手渡したCDを再現した入場券が配布され、本楽曲が収録されているという趣向に)、そのまま、時枝さん、松岡さんが二人で歌唱することで初お披露目、となりました。

 

 project758の楽曲は、少年ミリオン系統の楽曲と、それ以外の歌モノの系統があり、少年ミリオンの楽曲はすべて楽曲ごとに設定されたテーマと、そのテーマに関連する「世界のおとぎ話や伝記などにモチーフを持つ」ことが共通しています。(例:平子の『銀月の騎士』だと『ドン・キホーテ』、『フィロソフィは午後の7時』だと、『銀河鉄道の夜』。)この『千夜一夜の星降る夜に』は、少年ミリオンのメンバーが創った、というていで、初めて少年ミリオンコンセプトの曲を少年ミリオン以外のメンバーが歌う曲となっています。

 

 モチーフとなっている作品は『千夜一夜物語』で、女性を信じられなくなり、毎夜女性を殺してしまうシャフリアール王のため、大臣の娘、シェヘラザードが自らの命を懸けて、千夜にわたり王に様々な物語を紹介する(事でだれも殺されず、本人も命を長らえる)という「枠」の物語です。「開けゴマ」で広く知られている『アラビアンナイト』の物語も、この『千夜一夜物語』で語られる物語の一つとされていますが、それは後世になって、物語の収集を行ったガランが付け加えた物語とされていて、オリジナルには存在しない事が明らかになっています。

 

 この曲で描かれているのは「信じる事」と「歳月」で、大好きな人や小さなころに夢見たもの、そういったものに対する一途な憧れや思いも、何かのきっかけや、時間の経過とともに揺らぐ瞬間が来る、その瞬間の憂鬱を歌っている内容で(対象は「人」に限りません)、それでも、信じたい、という葛藤や、信じぬくことができるか、という不安、そのあたりの揺らぎが表現されています。

 

 原曲はながらく758を応援いただいている方にはおなじみのニコ生エンディング曲、AKDS 及びそのアレンジのAKDS2015のボーカル版という事で、758のニコ生で最も長い間流れているメロディ、ということになりますね。(7/f)

歌詞:

あなたと千夜超え

言葉を紡ぐよ

 

今朝もあぁ

バスストップ、

青い青い青空は

窓の向こうで続いてる

 

私達はおさなく

ともに誤解しがちで

 

わかりあうこと

ためらって

今日も帰り道

 

(星降る夜に)

繋ぐ口づけ

夢に優しく

 

(目覚めた朝には)

儚い想いの丈だと知って

 

(千夜一夜の)

物語は僕らに短く

 

(扉開くのは)

開けゴマでいいのかしら、

ねぇ、ガラン?

 

いつの日からか

哭き続けるこの風が

やむの意識している

 

振り続ける雨、

さりげなく

傘をかざす横顔

はじまりなんて

そんな何気ない

ヒ・ト・コ・マ

 

走って走って走りぬいて

願って願って願いぬいて

信じて信じて信じぬいて

 

続く未来、夢の先へ――。

(Aha-)

 

 

(星降る夜に)

紡ぐ言葉 やがて尽き果てて

 

(目覚めた朝には)

儚い終わりがくるのなら、あぁ

 

(千夜一夜の)

シェヘラザードは語ってくれない

 

(扉開くのは)

二人も知らない呪文だから

 

 

たとえ明日になって

今のこの想い

記すことできなければ

誰が伝えるの?

 

二人で信じた――。

あなたと紡いだ――。

 

←MUSICへ戻る

ツイッターアイコン YouTube アイコン